世界放浪記 モロッコ

【Day26】港町タンジェを観光!モロッコとアメリカの意外な繋がりを学ぶ

2023年1月16日

 

*****2023.1.7(土)*****

 

朝起きて、腹の調子がよろしくない。

これ、絶対にティトゥアンで食べたローカルフードのせいや……!

一体、どの食べ物がいけなかったんだろう。あのハチのたかったお菓子? それともスープの水か?

とりあえず正露丸飲んだら、昼には収まったけどさ。正露丸、マジで神。

 

タンジェ

テラスで洗濯物を干している時に、一服していたドイツ人の夫人と会話した。

旦那さんと二人で、長期で旅しているんだってさ。モロッコには来たばかりで、それまではスペインやポルトガル、フランスのあたりをバンを借りてキャンプしながら周遊してたんだって。

ヨーロッパ旅行は、車があると捗りそう。とても羨ましいな。

 

 

タンジェはその昔、フェキニアやカルタゴが貿易の要所として以来、歴史的にも各国の争奪の的となり、国際的な貿易都市として発展を続けてきた。ヨーロッパから見れば、ここがアフリカへの玄関口。少し前までは、国際商人で賑わい、密輸やスパイの舞台であったという。

(参考文献:地球の歩き方)

 

 

タンジェ

今日は、タンジェ観光。

まずは、タンジェ・アメリカ公使館協会へ行ってみる。(50DH=約640円)

実は、モロッコは1777年に世界で初めてアメリカ合衆国を国家として承認した国。メディナの中にあるこの館は、アメリカ史上初めての公館なんだって。

 

タンジェ

入り口から、思いっきりアメリカの雰囲気出てる。

昔、アメリカに住んでいた身としては、少し懐かしさを覚えるよ。

 

タンジェ

タンジェ

いくらモロッコが世界で最初にアメリカを国として認めたとはいえ、こんな立派な博物館をつくるほどか? と、疑問に思っていたけれど……

展示を見たら、すぐに納得。

 

タンジェ

タンジェ

なるほど、第二次世界大戦か。

戦時中、タンジェはアメリカにとって重要な軍事拠点で、エジプトを押さえているイギリスとともに、枢軸を挟み撃ちにしていたわけですね。

 

タンジェ

この第二次世界大戦中に、アメリカとモロッコの距離は急接近したという。

モロッコの位置を考えれば、アメリカがこの国と深い繋がりを保とうとしたのも納得。

第二次世界大戦ってメインの戦場がヨーロッパだったから忘れがちだけど、植民地が多いアフリカも戦場だったと再認識させられる。

 

モロッコ

タンジェ

アメリカは、カサブランカなど北アフリカの都市に、スパイを送り込んでいたんだね。

 

モロッコ

タンジェ

モロッコでクリスマスデコレーションが見られるなんて、思っても見なかったよ。

 

タンジェ

建物のつくりはモロッコなんだけど、家具や装飾はアメリカなんよな。変な感じ。

 

タンジェ

昔の写真家が撮った、タンジェの写真が展示されていた。

昔といっても、1900年代の最初のほうに撮られたものだと思うんだけど、ここでちょっと比較してみてもいいですか?

 

タンジェ

タンジェ

グラン・ソッコの昔と今

 

タンジェ

タンジェ

海沿い通りの昔と今

 

タンジェ

タンジェ

グラン・モスクの昔と今

 

今も昔も、ほぼ同じじゃね?

(構図が異なるのはご容赦を。)

今のタンジェの景色は、貿易や軍事拠点として賑わっていた当時とそんなに変わらないのかもしれないね。

 

軍事の話とか好きだから、このスポットはとても面白かった!

タンジェはスキップしようかなと思ったりもしたけど、1日観光の時間を取って良かったわ。

 

 

タンジェ

タンジェ

タンジェ・アメリカ公使館協会を後にして、メディナを歩く。

タンジェのメディナは、とてもきれい。かなり観光地化されているから、今まで見てきた混沌としたスークの雰囲気はないけど。

やっぱり、モロッコのスークはティトゥアンで見納めだったんだな。

 

タンジェ

タンジェ

坂道を登っていく。タンジェのメディナも、けっこう高低差があった。

 

タンジェ

タンジェ

カスバに到着。モロッコの猫も見納めだ。

 

タンジェ

タンジェ

ジブラルタル海峡。

今日は霞んでいて、スペイン側はよく見えなかったな。

 

タンジェ

タンジェ

世界史で出てくる旅行家、イブン・バットゥータ

調べてみたら、彼はモロッコ人なんだね。タンジェからスタートして、各地を訪れたんだ。

 

タンジェ

タンジェ

各地のカオスなスークを見たあとだから、タンジェのメディナは少し物足りない。

お土産も買うつもりはないので、観光は終わり。近くのカルフールで買い出しをしたよ。

 

モロッコ

明日はいよいよ、フェリーでスペインへ渡る日。

飯食うタイミングもあるか分からないので、とりあえずパンとお菓子を少し買い込んでおいた。

 

モロッコ

モロッコ最後の晩餐は、チキンタジンとハリラのスープ(35DH=約450円)。

物価が高いヨーロッパに入ると、ろくに飯にもありつけないかもしれないし。今のうちに、たらふく食っておく。

 

 

モロッコ、結果的には想像していた100倍楽しめたわ。

いろんな出会いもあったし、面白い経験もできたし、旅の1カ国目にしてはかなり充実してたと思う。

ありがとう、モロッコ。とても楽しかった。

 

 

明日は、ジブラルタル海峡越え。

不安だけど、自分の夢がひとつ叶う瞬間でもある。

天気が崩れるみたいで欠航が心配だけど……無事にスペインに入れるといいな。

 

▼ 続きはこちら

アルヘシラス
【Day27】モロッコのタンジェからスペインのラ・リネアへ!ジブラルタル海峡をフェリーで渡る

続きを見る

 

※ 為替レートは、当時のもの。1円単位は丸めています。

 

-世界放浪記, モロッコ

© 2023 ゆるーく世界放浪! Powered by AFFINGER5