世界放浪記 モロッコ

【Day14】迷宮都市フェズを散策!タンネリ・ショワラに迷い込む

2023年1月5日

 

*****2022.12.26(月)*****

 

モロッコ最初のイスラム王朝の都、フェズ・エル・バリ。808年にムーレイ・イドリス2世によって建設され、その後いくつかのイスラム王朝のもとでモロッコの中心として発展し続けた。政治や経済の中心はラバトやカサブランカに移ったが、フェズでは今も人々が活気あふれる生活を営んでいる。

(参考文献:地球の歩き方)

 

まずは、世界遺産にも登録されているフェズのメディナ(旧市街)フェズ・エル・バリ地区を散策するよ。

 

フェズ

ブー・イナニア・マドラサへ。(20DH=約250円)

 

フェズ

14世紀、マリーン朝時代に建てられたマドラサ。

 

フェズ

フェズ

フェズ

このマドラサも、装飾が圧巻だった。

 

モロッコ

こんなところにも猫。本当、どこにでもいる。

 

 

フェズ

フェズ

フェズ

 

メディナ内を歩いていると、「ニホンジン?」と声をかけてきた男に捕まった。

友達がやっているタンネリ(なめし革工場)の作業場を見せてくれるという。

後でチップを要求されるのはわかっていたが、タンネリの作業場はフェズではとても有名な景色

見てみたかったので、男についていくことに。

 

革製品の店に連れて行かれて、男の友達にバトンタッチ。

屋上のテラスから、タンネリの作業場を写真撮らせてもらったよ。

 

フェズ

フェズ

フェズ

ぽこぽこと空いている穴が染色桶で、ここで革を染めてるんだよね。

 

昔、自転車で旅をしていた方の某ブログを読むのが好きだったんだけど、その中でもフェズのタンネリの写真が印象的で忘れられなかった。

別に染め物や革に興味があるわけでもないのに、なんでだろうね。

実際に見ることができて、妙な感慨深さを覚えたよ。

 

フェズ

このテラス、普通に眺めもよかった。

 

その後、革の種類の説明を受けたり、カバンやクッションなどの革製品を見せてもらった。でも、特に何も買わずに店を出る。

すると案の定、さっき工房まで案内してくれた男が待ち構えていた。「チップは?」とねだってくる。

20DH(=約250円)渡したら、男は満足げに去っていった。

 

 

フェズ

フェズ

多分、サヴィア・ムーレイ・イドリス廟だと思う。

このあたり迷いすぎて、自分がどこ歩いているか全然分からんかった。

 

 

フェズ

フェズ

カラウィン・モスク

中には入れないけど、こんな感じで覗くことはできた。

 

フェズ

やっぱり、どこも装飾がすごい。

 

 

フェズ

アッタリーン・マドラサ。(40DH=約500円)

14世紀に建てられた神学校。

 

フェズ

フェズ

フェズ

いくつかモロッコの宿に泊まり、マドラサなどを見学して分かったこと。

モロッコの建築は、だいたい中央に吹き抜けの空間があり、その空間をぐるっと囲むように外側に部屋が設置されている。

狭い市街で効率的に空間を利用するための工夫なのかな? それとも、気候に合わせた造りなのかしら?

 

 

フェズ

メディナを北に抜けて、フェズの街並みを見渡せる丘の上に向かう。

 

フェズ

フェズ

墓地の敷地内を、ひたすら上に登っていった。

イスラム式の墓、初めて見た。

 

フェズ

墓の前で歌っている人たちがいた。

 

フェズ

フェズ

丘の上は、マリーン朝の墓地

今は遺跡だけど、ここにマリーン朝のスルタンたちが眠る墓碑が並んでいたんだって。

 

フェズ

フェズ

フェズのメディナが良く見えた。城壁の中に、建物がびっしりと並んでいる。

高低差のある丘の斜面に、街が築かれている。平地のマラケシュとは、街のつくりが明らかに違うよね。

 

フェズ

あの辺が、私が歩いていたあたりなのかな?

 

 

丘を降り、今度は先ほど歩いたフェズ・エル・バリ地区よりも新しい、マリーン朝の時代(13〜15世紀)に築かれたフェズ・エル・ジェディド地区に向かってみる。

 

フェズ

フェズ

フェズ

フェズ・エル・ジェディド地区の雰囲気、とてもよかった。

閑静な住宅街って感じ。

 

 

フェズ

フェズ

王宮の正門。マリーン朝のスルタンの居城だった場所。中には入れなかったよ。

 

 

フェズ

帰りにスーパーで買った炭酸のトロピカルジュース。

街中でよく看板を見かけたから買ってみたけど、美味しかった。

 

 

広いフェズの街をたくさん歩き、ヘトヘトになった一日でした。

明日は、フェズでゆっくり過ごします。

 

 

▼ 続きはこちら

フェズ
【Day15】フェズのリヤドでまったり過ごす休日。こんな日があってもいいよね

続きを見る

 

※ 為替レートは、当時のもの。1円単位は丸めています。

 

-世界放浪記, モロッコ
-

© 2023 ゆるーく世界放浪! Powered by AFFINGER5