世界放浪記 モロッコ

【Day18】メクネスからラバトへ列車移動!美味しいクスクスをご馳走になった日

2023年1月9日

 

*****2022.12.30(金)*****

 

マップ

Google Mapsより

今日は、メクネスからラバトまで列車で移動します。

直線距離で、約120kmの移動です。

 

メクネス

メクネスからラバトまでは、2等車で84DH(=約1,050円)。事前に予約しておきました。

 

メクネス

メクネス

フェズ−メクネス間はコンパートメントタイプだったけど、メクネス−ラバト間は日本の特急のような座席だった。

移動距離によって、振り分けられる座席のタイプが違うのかな。

 

列車で寝るわけにもいかないので、アマプラで呪術廻戦の映画を見てました。

夏油って、あんな陽気なキャラだったんだね。

夏油と五条。親友だけど、思想の違いから今は敵同士。かなり好みの設定で、本編が気になってしまったよ。アニメで続きやってくれないかな。

 

ラバト

ラバト

ラバト駅(Rabat Ville)に到着。2時間15分くらいで着きました。

 

ラバト

ラバト

ラバトを歩いてみて、街が静かなことに驚いた。

街自体はとても栄えていて都会だし、交通量もそれなりにあるんだけど、クラクション音が他の街に比べて少ない気がする。

あと、道が広くて、人や建物がそれほど密集していないことも、騒音が少ない理由のひとつかもしれない。

モロッコの環境に慣れ過ぎて今まで気づかなかったけど、マラケシュやフェズは相当騒がしかったんだな……。

 

 

ラバト

ラバト

買い出しついでに、宿の周辺を少し歩いてみた。

ラバトの街、とてもきれい。さすが首都。

 

ラバト

街中には、トラムも走ってる。

 

ラバト

トラムが走る目の前には城壁がそびえ立っていて、新しいものと古いものが共存している。

 

ラバト

ウォールアートっていうのかな? とても素敵。

ラバトの街、とても歩きやすそう。気に入った。

 

 

ラバト

帰ったら、宿のオーナーがクスクスを分けてくれた。

野菜や豆、チキンとクスクスをスプーンで混ぜて一緒に食べるんだって。

横の飲み物は、飲むヨーグルトだった。クスクスを食べながら、ヨーグルトを飲むのが定番らしい。

本当はクスクス少し苦手なはずなんだけど、このクスクスはとても美味く感じました。

野菜もゴロゴロ入って、ボリューム満点。ごちそうさま!

 

 

明日は、がっつりラバト観光をするよ。

 

 

▼ 続きはこちら

ラバト
【Day19】ラバトの旧市街と新市街を歩く!新旧の建物が混在するモロッコの首都

続きを見る

 

※ 為替レートは、当時のもの。1円単位は丸めています。 


-世界放浪記, モロッコ

© 2023 ゆるーく世界放浪! Powered by AFFINGER5