世界放浪記 スペイン

【Day29】マラガを散策!ヒブラルファロ城から美しい港街の景色を望む

2023年1月22日

 

*****2023.1.10(火)*****

 

地図

Google Maps より

今日はマラガを観光してから、約90km先のグラナダまで移動します。

 

 

マラガ

さっそく、マラガの街を歩いてみる。

 

マラガ

ドラえもんとリザードン?

 

 

フェキニア人によって築かれ、ローマやイスラムなど幾度か支配者が代わった歴史ある街、マラガ。現在は港湾都市として繁栄しており、リゾート地で有名なコスタ・デル・ソルの玄関口として賑わっている。スペインの画家パブロ・ピカソが生まれた場所としても知られる。

(参考文献:地球の歩き方)

 

 

マラガ

マラガ

マラガ

さすがに、街が綺麗すぎる。

ヨーロッパにやってきたという実感が、ようやく沸いてきたな。

 

マラガ

マラガ

まずは、アルカサバに向かいます。

 

マラガ

入場料は、ヒブラルファロ城との共通券で€5.5(=約770円)。

アルカサバ”とは、スペイン語で”要塞”のこと。たいていは、レコンキスタに備えてイスラム教徒が築いたものらしい。

モロッコでも、城塞のことを”カスバ”って呼んでたもんね。単語の響きも似てる。

 

マラガ

マラガ

城壁の間を登っていく。

城壁がこうして何重も築かれているところは、日本の城建築の構造と通じるところがあるよね。

 

マラガ

マラガ

このアルカサバは、古代ローマの要塞の跡にムーア人が11世紀に築いた要塞なんだって。

 

※ムーア人…8世紀初め以降、イベリア半島に侵入した北アフリカのイスラム教徒へのヨーロッパ人による呼称。

 

マラガ

マラガ

こんな感じで、城壁の先まで歩くことができる。

こういうの、ワクワクする。

 

マラガ

マラガ

隣の丘、さらに上にヒブラルファロ城が見える。

あそこまで歩かなきゃならんのか。共通券買っちゃったし、行くけどさ。

 

マラガ

マラガ

イスラム式庭園もあった。

 

マラガ

マラガ

細い水路を伝って、上から水が流れてきている。

高い場所に水を引くの、大変だったろうに。それとも、水が湧き出る場所があるのかな?

 

マラガ

マラガ

マラガ

マラガ

モロッコのカスバとは違って砂レンガではなく、赤レンガが使われているあたり、西洋建築っぽいんだけど……

庭園やアーチがイスラム式なので、文化が融合している感じがとても面白い。

 

マラガ

マラガ

城壁が美しい。やっぱ、城建築大好き。

 

マラガ

こことか、モロッコで見たイスラム建築まんまだわ。

 

マラガ

ちなみに、アルカサバの隣にはローマ劇場があった。無料です。

このクオリティーのローマ遺跡がタダで見られるとは、ありがたや。

 

 

マラガ

マラガ

次は、ヒブラルファロ城まで登っていく。

けっこうな坂道。しかも気温が暖かくて、汗ばみながら登りました。

 

マラガ

一人でひぃひぃ言いながら、ようやくヒブラルファロ城に到着。

アルカサバとの共通券で入場しました。

この城は、アルカサバを守る要塞として14世紀に造られたらしい。

 

マラガ

マラガ

マラガ

城塞の上に登ると……

 

マラガ

マラガの湾が一望できた!

 

マラガ

こんな感じで城壁の上を歩けるの、ポイント高い。

 

マラガ

マラガ

マラガ大聖堂も、よく見えた。

 

マラガ

戦争についての展示品もあった。

 

マラガ

こうして見ると、アルカサバとヒブラルファロ城、けっこうな高低差がある。

昔は、城壁で繋がってたんだ。

 

 

マラガ

マラガ

来た道を下り、街中へ戻ってきた。

モニュメントのある広場や屋外に座席があるレストランを見ると、ヨーロッパにやってきたことを実感する。

 

マラガ

ここがピカソの生家だと思う。意外にも、近代的な外観だった。

芸術にはあまり詳しくないので、中には入っていません。

 

マラガ

歩いている途中で見つけた、サンティアゴ教会

中に入れそうだったので、覗いてみる。

 

マラガ

とても厳かな雰囲気。適当に入った教会が凄くて圧倒されるの、ヨーロッパあるあるだわ。

 

マラガ

マラガ

ちなみに、この教会にはホタテ貝──サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼のシンボルがありました。

Camino Mozárabe(モサラベの道)という、アルメリアからマラガまでを繋ぐアンダルシアの巡礼路みたいです。

 

 

マラガ

マラガ

マラガ

マラガのカテドラル。デカすぎて、全景写しきれないわ。

入場料は、€8(=約1,140円)。

 

マラガ

16世紀に建設が始まったものの、資金不足で右の塔が完成しないまま18世紀に工事が終了。

ゴシックやルネサンス、バロックなど、様々な様式が混ざっている。

 

マラガ

マラガ

マラガ

マラガ

とにかく圧倒されまくり。

 

マラガ

今は寄付もクレジットカードなのね。時代は変わったわ。

 

マラガ

各礼拝堂には、絵画が飾ってあった。もう少し、芸術も勉強せねばな。

 

マラガ

マラガ

マラガ

もうすでにお腹いっぱいだわ。大満足。

 

 

マラガ

マラガ

最後に、アタラサナス中央市を覗いてみた。かなりの人で賑わっていて、ゆっくりはできなかったけど。

おいしそうな生ハムがたくさん並んでたよ。そのうち市場で美味しいもの食べれたらいいなぁ。

 

 

マラガ

グラナダへ移動するため、マラガのバスターミナルへ。

 

マラガ

今回は、この券売機で買ってみた。マラガからグラナダまで、€12.21(=約1,740円)。

交通費、地味にかかるよなぁ。支払いが全部カードだし、気づいたら金使ってるから、翌月の引き落とし額が恐ろしいわ。

 

グラナダ

1時間45分でグラナダのバスターミナルへ到着。

グラナダのバスターミナルは中心地から少し離れているので、市バスを使って移動します。

 

グラナダ

地球の歩き方には”SN1”の市バスで、バス停に券売機があると書いてありましたが……

SN1のバスが見つからず、券売機も見当たらず。

近くにいた人に聞いてみたら、"33番"に乗れって言われました。

運賃も、バス乗車時に運転手に支払ったよ。(€1.4=約200円)

 

グラナダ

無事、”エル・コルテ・イングレス”前に到着。歩いて宿に向かいました。

あとで街を歩いて気づいたけど、”SN1”の市バスも普通に走ってました。

 

 

明日はいよいよ、待ちに待ったグラナダ観光です!

 

 

 

▼ 続きはこちら

グラナダ
【Day30】グラナダ観光1日目!アルバイシン地区の石畳の街並みを散歩

続きを見る

 

 

-世界放浪記, スペイン

© 2023 ゆるーく世界放浪! Powered by AFFINGER5