ゲーム

「ペルソナ5」のプレイ感想:ボリューム満点だけど人を選ぶゲーム【PS4】

2021年8月22日

ペルソナ5

先日、PS4の「ペルソナ5」をクリアしました。

かなりの高評価ゲームだったので、期待してプレイし始めたのだけれど……正直、お腹いっぱい。

戦闘はとても面白かったし、ストーリーも上手くまとまっていて良かった。でも、ゲームに熱中できたかと問われると、「うーん」と首をひねりたくなる。

このゲーム、人によって「合う・合わない」がはっきりと分かれそう

 

「ペルソナ5」ってどんなゲーム?

ペルソナ5」は、2016年にPS3/PS4用に発売されたRPGゲーム。あの「ペルソナシリーズ」の第5作目で、アニメにもなっているらしい。

私は過去作未プレイで、アニメも見たことがないのだが、事前知識なしでプレイしても十分に楽しめた。

ペルソナ5の完全版「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」とどちらをプレイするか悩んだけれど、とりあえず値段が安い「ペルソナ5」を選択。

結果、これで十分に満足できた。

 

あらすじをざっくり説明すると、

シャドウという存在が登場する現代の東京を舞台に、ペルソナ能力に目覚めた高校生の主人公やその仲間たちが「心の怪盗団」を結成。悪人たちの歪んだ心を改心させながら、世直しをする!

こんな感じ。

 

高校に通って勉強やバイトに明け暮れる日常パートと、パレスに忍び込んでオタカラを奪う怪盗パートを繰り返すことで、ゲームが進行していく。

ストーリーをクリアするまでに、約70時間。かなりのボリュームだった。

途中、テキストを飛ばしてこのプレイ時間なので、クリアまでに100時間かかる人はかかると思う。

とにかくボリュームのあるRPGをやりたい方に、おすすめの作品。

 

「ペルソナ5」のプレイ感想(ネタバレ無し)

ペルソナシリーズは初プレイだったけれど、このシリーズは本当にすごいと感心した。

戦闘は面白いし、演出はオシャレだし。プレイしながら「うわぁ!」とか「すごい!」とか、独り言を連呼しながらはしゃいでしまった。

ゲーム自体が面白かった分、ストーリーやキャラクター、世界観にもう少し没入することができたら良かったなぁ……というのが正直なところ。

でも、良質なゲーム体験ができたと思う。

 

第一印象は、演出がオシャレすぎる!

ペルソナ5

このゲームで最も評価すべきは、デザインというか、演出というか、いちいちスタイリッシュなカットイン

今まで色々とゲームをプレイしてきたが、この感動はペルソナシリーズでしか味わえないと思う。

 

例えば、下記のような戦闘画面。

ペルソナ5

この白黒ベースのポップなコマンド、オシャレすぎないか!?

RPGといえば、ポケモンやFFやドラクエのようなコマンドしか頭になかったので、正直とても驚いた。

他にも、敵をダウンさせる時に入るアニメーションとか。漫画のコマ割りのような演出が面白いしカッコいい。

仲間が増えるたびに、「次はどんな演出なんだろう?」とワクワクしながらプレイしたなぁ。総攻撃後の各キャラ演出や戦闘後のリザルト画面まで、すべてがオシャレだった。

街を歩いていると、ポップな吹き出しが出てきたり、「ガヤガヤ」という擬音語が現れたり。メニュー画面や武器屋メニューですら、かなりスタイリッシュ。

このポップなデザインが好きな方は、かなりハマるゲームだと思う。

 

戦闘は高評価!弱点を突くシステムが面白い!

ペルソナは、戦闘システムがとても面白かった

各技には属性があって、敵の弱点を突く攻撃を仕掛けるのが基本的な戦法となる。敵をダウンさせると味方がもう一回攻撃できたり、バトンタッチで仲間に交代してさらに攻撃を浴びせることができる。

もちろん敵に弱点を突かれて味方がダウンすると、今度は敵側がもう一回攻撃を仕掛けてくる。この点がなかなか良い難易度に仕上がっていて、頭を使いながら戦闘を楽しむことができた

 

ペルソナ5

そして、なんといっても総攻撃が爽快!

すべての敵がダウンすると、総攻撃で一気に攻めることができる。この総攻撃が決まった時はスカッとするし、各キャラの一枚絵がとにかくかっこいい!

他にも、交渉で敵を仲間に引き入れたり、金をカツアゲしたり……雑魚戦も普通に楽しめるのが個人的にはとても高評価だった。

 

ただし、難易度は高めだと思う。NORMALでプレイしたけれど、普通に難しかった。

特にボス戦はかなり苦戦したし、めちゃくちゃ時間かかった。

ただ、いつでも難易度を変更できるので、戦闘が苦手な方でも詰むことはないはず。

 

音楽の盛り上げが最高!サントラは聴く価値あり

ペルソナ5をプレイしていて特に印象に残ったのが、音楽!

戦闘BGMも日常パートで流れる街中のBGMも、どれも文句なしで良かった。

プレイしながら、口ずさみたくなる感じ。ここぞという場面で、しっかりと音楽が盛り上げてくれる。

特に、予告状を出した後にオタカラを盗むためにパレスに侵入するシーンで流れる「Life Will Change」。ベースの刻みがカッコよすぎるんだよね。

私はプレイ後、すぐにサントラをダウンロード。この曲に出会えただけで、ペルソナ5をプレイする価値があった。


 

ストーリーとキャラは、個人的にはイマイチ

ペルソナ5

演出も戦闘も音楽も、かなりハイクオリティで完璧に近いんだけれど、個人的に肌に合わなかった部分がストーリーとキャラクター

というのも、あまり主人公たちに共感することができなかったからだ。

 

ペルソナ5のストーリーは、一言で言えば「高校生の若者たちが、悪人の大人たちをこらしめる」という内容。

「大人をこらしめて弱者を救うのは正義だ」と信じて、主人公たちは不法侵入をしたり、犯罪に近いことを平然とやっている。この点が気になってしまい、主人公たちに感情移入することができず、冷めた目でストーリーを追うことになってしまった。

仲間のキャラクターたちも、なぜか主人公に陶酔しているというか……。何をしても褒めてくれたり惚れてくれるのは嬉しいのだけれど、なんか上手く進みすぎている感が否めない。

 

ペルソナ5

それに、主人公はあくまで高校生。昼間は高校に通い、放課後には勉強やバイトをして、時には友達と遊んだりデートしたりする。

学校行事や季節のイベントもあって、高校生の青春を思いっきり楽しめる内容になっていたのだけれど……

アラサーの私には、キラキラしすぎたかな。見てて恥ずかしい気分になる時もあったくらい。

お気に入りのキャラクターでもいれば、もう少しストーリーに対する印象は変わったのかもしれない。だが、特に感情移入できるキャラがいるわけでもなく、ゲームに対する没入感はなかった

こまめに戦闘を挟んでいればマシだったのかもしれないけれど、日常パートはテキストを追う時間がかなり長いので、もう少し工夫があればなぁという感じ。

戦闘や演出が良かった分、ストーリー部分は惜しいと思ってしまったのが残念。

 

ちょっと私にはボリュームが多すぎるかも

ペルソナ5

ペルソナ5は、メインストーリーだけでも70時間ほどのボリュームがあるが、他にもコープイベントやメメントス攻略、恋愛要素やペルソナ育成など様々な要素がある。

それらはかなり膨大な量で、かつ時間制限もあるので、1週目ですべてを回収するのはまず無理すべてのイベントを見るなら、多分2週目、3週目と周回しなきゃいけない作りになっている。

(上手くプレイすれば1週目ですべてを回収できるのかもしれないけれど、私のプレイ技術では無理だった。)

個人的には、その点がネック。ただでさえ70時間と長いストーリーを、2週も3週もする気にはなれないというのが正直なところ。

私は基本的に1週目のクリアまでにやり込みたいタイプなので、1日の行動に限りがあるのがとても煩わしかった。私のプレイスタイルとこのゲームの相性が、あまりよくなかったのかもしれない。

というか、ペルソナ5でこのボリュームなのだから、「ザ・ロイヤル」はよほどの怪物ゲームなんだろうなぁ。

 

結論:新鮮なゲーム体験を味わえるが、万人にはおすすめできない!

実際にペルソナ5をプレイしてみて、なぜこのゲームが高く評価されているのかは十分に納得できた。

戦闘は癖になるほど面白いし、ちょっとした演出も音楽もかっこいい。とにかく、今まで味わったことのないような新鮮なゲーム体験がペルソナ5には詰まってる。

でも正直、このゲームは人を選ぶと思う。ハマる人はハマるし、ハマらない人はハマらない。

私も、「とりあえず、1週目でお腹いっぱいです」というのが正直な感想。

でも、戦闘システムは本当に良くできているので、プレイする価値のある良作ゲームだと感じた。


-ゲーム
-,

© 2021 ほのたび! Powered by AFFINGER5