オーストリア イタリア・東欧旅行記2015

【オーストリア・ウィーン①】秋晴れの街歩きと夢のオーストリア国立図書館

2020年10月15日

ウィーン

2ヵ国目、オーストリアのウィーン観光です。

シュテファン寺院、オーストリア国立図書館、美術史美術館を見学しました。

 

※この旅行記は2015年11月に旅行した際の内容です。

 

【Day9】ウィーン観光

2015年11月10日。

 

ウィーン

おはようございます。

寝台列車の寝心地は、意外とよかったです。ぐっすり眠れました。

 

ウィーン

朝食も出て、快適な寝台列車の旅でした。

 

 

さて、予約していたホステルにチェックインしてから街に繰り出します。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

とりあえず、シュテファン寺院へやってきました。

 

ウィーン

典型的なゴシック様式の教会です。

 

ウィーン

ウィーン

イタリアの大聖堂とは、雰囲気が変わったような気がします。

装飾は相変わらず多いけれど、色味が落ち着いたような。

 

ウィーン

光の差し方が美しい。

 

ウィーン

南塔に登って見ました。

こうして見ると、ウィーンはビルが多く、街自体がとても大きくて都会ですね。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

シュテファン寺院は、双頭の鷲デザインの屋根が可愛い。

 

ウィーン

塔に上がる階段には、残念ながら落書きが多かったです。

こういうのを見ると、なんともやりきれない気持ちになります。

 

ウィーン

外観は工事中でした。仕方ない…

 

 

ウィーン

ウィーン

今まで訪れた街の中で、一番清潔できれいに感じます。

でも雑多な感じがなく、少し寂しいような…

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

イタリアのように観光客だらけではないし、道も広いし、ゆったり散歩できます。

 

ウィーン

ウィーン

オペラハウスです。

 

ウィーンは観光名所に、こうして目印がわかりやすく書いてあるのが良かった。

正直ヨーロッパの街は、今自分が見ている観光名所が何なのか分からなくなることがあります。

目的を持って歩いていればいいんだけどね。私の場合ふらっと立ち寄ることが多いから、後から調べたら実は観光名所だったみたいなパターンが多いのです。

ウィーンのように、分かりやすく看板がついていると、とってもありがたい。

 

ウィーン

ウィーン

ブルクガルテンに入ってみます。

 

ウィーン

ウィーン

オーストリアといえば、モーツアルトだよね。

しかし、人がいない。イタリアを抜けてから、人が本当に減った。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ホーフブルク宮殿。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ウィーン

装飾がおしゃれ。

 

ウィーン

ウィーン

ふらっと入った教会で…

 

ウィーン

このクオリティです。

 

ウィーン

パイプオルガンも立派です。

 

ウィーン

実は、どうしても訪れたかった場所がありまして…

それが、オーストリア国立図書館です。

 

ウィーン

ウィーン

映画の世界みたい!ハリポタに出てきそう!

 

ウィーン

ウィーン

こういうの、ワクワクする!

 

ウィーン

本好きの方にはおすすめのスポットです。

 

おすすめスポット

オーストラリア国立図書館

(Prunksaal der Österreichischen Nationalbibliothek)

 

 

ウィーン

みなさん、縦列駐車のプロですかね。

 

ウィーン

ウィーン

その辺のカフェで腹ごしらえ。

これで4.5€。まぁ、こんなもんかな。

 

ウィーン

美術史美術館へ向かいます。

 

ウィーン

美術館というより、宮殿だよね…

 

ウィーン

ウィーン

内装も、もはや宮殿でした。

 

ウィーン

こんなに壁一面にびっしりと絵画が展示されている美術館、初めてです。

 

ウィーン

ブリューゲルの絵画がたくさんありました。

 

ウィーン

ウィーン

あまり絵画に詳しくないので、館内を歩き回っているだけで目が回りそう。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ウィーン

オーストリアが芸術の国であることがよく分かりました。

子供の頃から美術品に囲まれていれば、目も肥えるのかな。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ウィーン

エジプトから持ってきたであろう展示品もありました。

ハプスブルク家が集めたコレクションかな?

 

ウィーン

爽やかな秋晴れです。

 

ホステルに戻ってから、ドミトリーで同じ部屋だったオーストラリア人女性と少しだけ飲みました。

英語がネイティブの人と話すのが久しぶりだったから、緊張しました。ネイティブの会話に加わるのって、本当大変。

彼女は19才で、もう2ヶ月も各地を旅して回っているらしい。聞かなかったけど、旅行費とかどうしてるんだろうね。

私はバイト代で1ヶ月ヨーロッパを旅するのが限界だったので、少し羨ましいと思ってしまいました。

 

翌日はシェーンブルン宮殿に行きます。

 

⬇️旅行記の続きはこちら

【オーストリア・ウィーン②】美しき宮殿巡りとガッカリなドナウ川!? 

 

ガイドブックは地球の歩き方がおすすめです。

-オーストリア, イタリア・東欧旅行記2015

© 2021 ほのたび! Powered by AFFINGER5