ドイツ イタリア・東欧旅行記2015

【ドイツ・ベルリン②】東西の壁をたどりながら、激動の歴史に触れる旅

2020年10月27日

ベルリン

ベルリン観光の続きです。

イーストサイドギャラリーや壁博物館を観光しながら、ドイツの歴史をたどります。

 

※この旅行記は2015年11月に旅行した際の内容です。

 

【Day21】ベルリン観光

2015年11月22日。

この旅も、だいぶ終わりに近づいてきました。

 

ベルリン

ベルリンオスト駅(Ostbahnhof)。

 

ベルリン

駅を出ると、すぐに壁が見えてきます。

 

ベルリン

イーストサイドギャラリーです。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

すごい、壁がどこまでも続いています。

 

ベルリン

この厚さが、資本主義と社会主義の壁だったんだ。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

ずーっと続いてる。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

ベルリンの壁が崩壊した頃は、私はまだ生まれてなかったけれど…

たった30年前の話、平成に起きたことだもんね。

 

ベルリン

ベルリン

さて、次は地下鉄に向かいましょう。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリンにやってきてから冴えない天気のせいか、それとも歴史の暗い側面を感じるような観光スポットばかり巡っているせいか、それとも旅が終わる寂しさか…

心は正直、重たいです。

 

ベルリン

楽しいけれど、色々と考えてしまうことも多いのです。

まぁでも、私はそうやって考え事をしながら旅行するのが好きなんだと思います。

 

ベルリン

ということで、続いてやってきたのはチェックポイント・チャーリー博物館(壁博物館)。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

ここが、東西の国境検問所だったのです。

 

ベルリン

内部の写真撮影はしていませんが…

東側から西側へ逃れようとする人々のことを、知ることができます。

ここも、色々と考えさせられる場所です。

 

 

ベルリン

続いて、ベルリンに来たら絶対に立ち寄ってみたいと思っていた場所。

ユダヤ博物館です。

ここも内部の撮影はしていませんが…

 

ベルリン

この博物館、感心しました。

扱っている内容は、もちろんヘビー。

なんだけど、ユダヤのことについて詳しくない人でも分かるよう、2000年の長い歴史の最初から教えてくれる。

ユダヤ人の文化や生活も解説されているので、純粋にユダヤ人とはどういう人々なのか、という部分からを知ることができて勉強になりました。

 

 

ベルリン

ベルリン

歩いていると、ちょっとしたアートによく出会います。

 

ベルリン

次にやってきたのは、ベルリンの壁記録センター。

 

ベルリン

S-BahnのNordbahnhofを降りてすぐです。

 

ベルリン

ここも、東西の境目となっていた場所のひとつです。

 

ベルリン

ベルリン

ここは公園のように整備されています。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

東西を分け隔てていたのは1枚の壁だけではなく…

緩衝地帯や監視塔が設けられていて、東側から西側に人が逃げていかないような仕掛けが施されていました。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

国境の構造は、道路を隔てて向かい側にある建物の展望台に登ると、よく分かります。

 

ベルリン

ベルリン

緩衝地帯に入ってきた人を、監視兵が容赦なく射殺したりしたんだよね。

チェックポイント・チャーリー博物館で色々と見てきた後だったので、想像したら結構怖いです。

 

ベルリン

勉強になりました。

 

ベルリン

ベルリン

ちょっと休憩。

 

ベルリン

博物館の島へ。

 

ベルリン

ベルリン

気分を変えて、ペルガモン博物館を見学します。

 

ベルリン

古代ギリシャの建築や芸術が好きな人は、感動すると思います。

建物の壁、丸々一つをわざわざギリシャから持ってきて、ここに再現しているんだもん。

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

完全に勉強不足で、歴史的な価値などはよく分かりませんでしたが…

 

ベルリン

ベルリン

ベルリン

展示されているものは、時代も地域もまちまち。

なんか、オリエント文化のもの珍しさから建てた博物館、という感じがしました。

行ったことないけど、ミニ大英博物館みたいな?

 

 

ベルリン

歩いていたら、雪が降ってきてしまいました。

通りで寒いと思った!

 

ベルリン

寒さに凍えながらバスを待っていると、隣で待っていたおばちゃんがドイツ語で話しかけてきました。

もしかして、留学生に見られた?と舞い上がる私。

「英語しか話せないの」と答えると、彼女は「今日は初雪よ!」と楽しそうに会話してくれました。

 

ベルリン

その土地の言葉で話しかけてくれるのって、結構嬉しい。

日本人だとか、そういう偏見を抜きに対等に話してくれているわけで。

 

ベルリン

あぁ、ベルリン。

とても良い街だった。

 

明日はフランクフルトに移動です。

 

⬇️旅行記の続きはこちら

【ドイツ・ケルン】圧巻のケルン大聖堂と華やかなクリスマスマーケット 


 

 

-ドイツ, イタリア・東欧旅行記2015

© 2021 ほのたび! Powered by AFFINGER5