チェコ イタリア・東欧旅行記2015

【チェコ・チェスキークルムロフ】中世の美しい街歩きと一人旅仲間との出会い

2020年10月23日

チェコ

この日はプラハから足を伸ばして、チェスキークルムロフに列車とバスで日帰りします。

 

※この旅行記は2015年11月に旅行した際の内容です。

 

【Day17】チェスキークルムロフ日帰り観光

2015年11月18日。

 

9:20、チェスケー・ブディェヨヴィツェ駅着。

 

チェコ

今日は、プラハからチェスキークルムロフに日帰りで行きます。

行きは列車を利用しました。

 

まず、プラハ本駅からチェスケー・ブディェヨヴィツェ駅(Ceske Budejovice)まで向かい、そこでバスに乗り換えです。

 

チェコ

チェスケー・ブディェヨヴィツェ駅を出ると、目の前に大きなショッピングセンターがあり、その屋上がバスターミナルになっています。

 

バスチケット売り場の人に聞いてみると、チェスキークルムロフ行きは「10:00発、1番乗り場」とのこと。

 

チェコ

ちゃんと表示されてます。

チェスキークルムロフ行きは、30分に1本くらいの間隔であるみたい。

 

チェコ

トイレを済ませて、バスに乗り込みます。

ちなみに、バスターミナルのトイレは有料です。(5kc)

 

チェコ

運賃はバスの運転手に支払います。(32kc)

私が行った時は、観光客っぽい人の姿はなく、地元の方の利用が多そうでした。

 

 

ということで、チェスキークルムロフ到着。

チェコ

バスを降りると、すぐにチェスキークルムロフ城が見えてきました。

 

チェコ

チェスキークルムロフのバス停は終点でした。

大きな駐車場があり、立派なバスステーションになっています。

 

チェコ

街並みが可愛い!

そして塔のデザインが可愛すぎる!

 

チェコ

チェスキークルムロフの街自体は、この写真に写っている範囲の大きさなので、コンパクトにまとまっています。

 

チェコ

チェコ

この旅行で、世界遺産数えきれないくらい回ったな。

 

チェコ

チェコ

屋根の修復をしています。お疲れ様です。

 

チェコ

チェコ

チェコ

チェコ

朝だからか、街はけっこう過疎ってます。

中世の街並みを、私が独り占めしてやる!

 

チェコ

チェコ

チェコ

本当、まるで中世映画の世界。

ふと立ち寄った酒場で、ジョッキビールを飲みながら屈強な男たちと騒いでみたい。

 

チェコ

チェコ

チェコ

城の壁が立派!

 

チェコ

アーチ状の橋が、丘の上にある建物同士をつないでいます。

 

ちなみにチェスキークルムロフは、中国人や韓国人、日本人などのアジア人観光客が圧倒的に多かったです。

こういう風景に憧れを抱いちゃうのが、アジア人なのかしら。

 

チェコ

チェコ

丘の上に登って行きます。

 

チェコ

チェコ

到着!

絵を壁に描いたデザインが可愛いのです。

 

チェコ

チェコ

博物館の中に入ってみます。

 

チェコ

チェコ

中には中世時代の道具が多く展示されていました。

 

チェコ

チェコ

何に使う道具かさっぱり分からないけれど、とってもワクワクします。

こういう昔の道具に、めっぽう弱いのです。

アンティーク雑貨とか、見るの大好きだし。

 

チェコ

これは、わりと新しい時代のインテリアですね。19世紀かな?

 

チェコ

塔の上に登ってきました!

 

チェコ

チェコ

ここで、一人旅の韓国人男性に話しかけられました。

少しばかり立ち話した後、「お互い一人だし、せっかくだから一緒に観光しない?」と誘われ…

 

チェコ

とりあえず悪い人ではなさそうだったので、一緒に街を見て回ることにしました。

彼の名前は、Tommyです。

 

外国の方って、英語名のニックネームを持っている人が多いよね。

私も英語のニックネーム持とうかな。

 

チェコ

26才の彼は、韓国ではわりと有名な旅行代理店で働いていたそうですが、仕事を辞めてから2ヶ月ほど旅をしているのだそう。

 

チェコ

コミュ障の私が珍しく彼の誘いに乗ったのは、パリのテロ事件で旅行に多少の影響が出ているのかを聞いてみたかったからです。

まぁ、ずっと一人で不安だったしね。

 

チェコ

聞いてみると、彼はこれからパリに向かうらしい。

「パリ、危なくない?」って聞いたら、「別に気にしてないよ」とのこと。

案外、みんなテロのことは気にせずに旅行を楽しんでいることが分かりました。

 

チェコ

しばらく会話をしながら、一緒にチェスキークルムロフの街をぐるっと散歩。

 

すると電話が鳴り、長話をし始めるTommy。

「なんかトラブルでもあった?」と事情を聞くと…

 

彼の友達の韓国人が、スイスのベルンでパスポートと金をスられてしまい、パニック状態になっているらしい。

な、なんと!本当にそんなことってあるんだね…

 

「友達を助けるためにパソコン使いたいから、Wi-fiのあるレストランに入らない?」

という彼の提案で、近くのチェコ料理屋さんに入りました。

 

チェコ

ということで、ローストポークをいただきます。

一人じゃもったいなくて普段はレストラン入らないから、Tommyと一緒に食事来れてよかったな。

ここぞとばかりに、がっついて食べる私。

 

チェコ

彼は黒ビール飲んでました。

私はお酒飲めないので、もちろんパス。

 

Tommyはチェスキークルムロフに泊まるらしく、今日はこのままのんびり過ごすとのこと。

彼の友達の災難も、すぐには解決しそうになかったので、ここでTommyとお別れすることに。

短い間だったけど、ありがとうTommy。

 

チェコ

外に出ると、青空が広がっていました。

 

最初は、帰りもチェスケー・ブディェヨヴィツェ駅経由で列車で帰ろうと思っていましたが…

なんだかめんどくさいので、プラハまで直行バスを使うことにしました。

先ほどのレストランでWi-fiをお借りして、バスを予約しておいたのです。

 

チェコ

ちなみに、チェスキークルムロフープラハ間の直通バスは、Student Agencyというバス会社を利用しました。(200kc)

今は、RegioJetというバス会社になっているみたい。

 

チェコ

バスは、まるで飛行機みたいに快適でした。

Wi-fiあるし、コーヒーサービス付き。

 

チェコ

のどかな草原を眺めながら、プラハへ戻りました。

 

ちなみに、プラハのバスターミナルは「プラハ・フローレンツ・バスターミナル」です。

プラハ本駅とは離れていますのでご注意を。

プラハ・フローレンツ・バスターミナルとプラハ本駅の間は、地下鉄C線で簡単にアクセスできます。

 

チェスキークルムロフープラハ間の直通バス

RegioJet

チェコ

RegioJetより

サイトは英語切替できます。

Bus and Trainの部分に、目的地や日付を入れて検索すればOK。

ブラチスラバ行きなど、国を跨ぐバス路線もあるので、チェコ旅行の際には使いやすいのバス会社です。

 

明日はいよいよ5ヵ国目。ドイツのドレスデンへ移動です。

 

⬇️旅行記はこちら

【ドイツ・ドレスデン】戦争と復興。ドイツ激動の歴史に思いを馳せる1日 

 


-チェコ, イタリア・東欧旅行記2015

© 2021 ほのたび! Powered by AFFINGER5