オーストリア イタリア・東欧旅行記2015

【オーストリア・ウィーン②】美しき宮殿巡りとガッカリなドナウ川!? - Day10

2020年10月16日

ウィーン

ウィーン観光2日目は、シェーンブルン宮殿とベルヴェデーレ宮殿巡りです。

ドナウ川沿いも散歩しました。

 

※この旅行記は2015年11月に旅行した際の内容です。

 

【Day10】ウィーン観光

2015年11月11日。

 

ウィーン

朝一でシェーンブルン宮殿にやってきました。

 

ウィーン

で、でかい。

 

ウィーン

歩いていると、何かを設営する作業者によく出会います。

もうすぐクリスマスシーズンだから、クリスマスマーケットの出店でも作るのかな?

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

まって、めちゃめちゃ広い。

 

ウィーン

果てしなく続く庭園…

宮殿内部は撮影禁止だったので、写真はありません。

 

ウィーン

しかし、宮殿の中は日本人ツアー客ばかりだったので、なんか萎えてしまった。

海外で日本人の多い場所に行くとなぜか萎えてしまう現象、なんなのでしょうね…

宮殿はもちろん、素晴らしかったです!

 

 

市民公園

再びリンクに戻り、市民公園にやってきました。

 

ウィーン

さすが音楽の都、こんな感じの像がいくつもあります。

 

ウィーン

ウィーンは、ウォーキングやジョギングしている人を多く見かけます。

道は平らで広いし、体を動かしたい人に優しい街だよね。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

あ、シュテファン寺院まで戻って来たみたい。

 

ウィーン

せっかくなのでカフェに入って、ザッハトルテとメランジェコーヒーを食べました。

これで8€。ちょっと高いけど美味かった!

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ベルヴェデーレ宮殿です。

 

ウィーン

やっぱりクリスマスマーケットの準備をしていました。

この旅の途中で、クリスマスマーケットの活気ある姿を見ることはできるでしょうか。

 

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ウィーン

ここも庭園が広い。

 

ウィーン

ウィーン

ここも内部は撮影できなかったので、写真はありません。

今考えると、どこでも写真OKだったイタリアは神すぎました。

 

 

ウィーン

せっかくなのでドナウ川を見たいなぁと思い、やってきましたが…

 

ウィーン

特別美しいということもなく、普通の川でした。

なんか、拍子抜け。

 

ウィーン

ウィーン

落書きもバッチリあります。

こうした景色を見ると、ウィーンも人が住む街なんだなぁとしみじみ…

ハンガリーまで行けば、もっと違った景色が見えるのかな。

 

 

ウィーン

カールス教会にやってきましたが、ここも工事中ですね。

 

ウィーン

ここは、柱の装飾が特徴的です。

ローマにあるトラヤヌス帝の柱に似てますね。

 

⬇️ ローマのトラヤヌス帝の記念柱

たぶんコレ。ローマでばっちり見てました。

ローマ

 

こうして知識や記憶がつながってくると、旅行が一段と楽しくなります。

これだから、旅行はやめられないのです。

 

ウィーン

ウィーン

今まで見てきた教会とは、また雰囲気が違う気がします。

どうやら、ペストを鎮める祈願のために建てられた教会なのだそう。

 

ウィーン

上の階に登って、天井画を近くから見ることもできました。

 

ウィーン

ウィーン

次にヨーロッパを旅行する時は、キリスト教についての知識をもっとつけてから来たいなぁ。

絵画に込められた意味とか、元ネタとかが分かるようになると格段に楽しくなるんだろうね。

 

ウィーン

網目越しに、シュテファン寺院も見えます。

こうして見ると、シュテファン寺院ってウィーンの中でもずば抜けて高い建物なんだと分かりますね。

 

ウィーン

天井画をこんなに近くで見れるスポットはなかなか無いと思うので、ウィーンの中でもおすすめスポットです。

 

おすすめスポット

カールス教会

(Karlskirche)

 

 

翌日はザルツブルクに日帰りで行ってきます。

 

⬇️旅行記の続きはこちら

ザルツブルク
【オーストリア・ザルツブルク】ホーエンザルツブルク城とまさかの山登り - Day11

続きを見る

 

ガイドブックは地球の歩き方がおすすめです。


-オーストリア, イタリア・東欧旅行記2015

© 2021 ほのたび! Powered by AFFINGER5