海洋博物館(ポルトガル・リスボン)

リスボン

大航海時代を中心に、船の模型や航海用具、旧植民地に関する歴史地図などを展示している。ポルトガルの海洋国家としての歴史を知ることができる。

 

◆◇◆

 

リスボン

リスボン

リスボン

リスボン

 

 

リスボン

インドのディーウという地名を初めて知った。

1509年にポルトガル艦隊がディーウ沖海戦で勝利し、インド洋の制海権を得たという。

1961年にインドに返還されるまでは、ポルトガルの飛び地領土だった。

 

 

 

 

リスボン

リスボン

1645年につくられた地球儀。日本の形は、このような形で認識されていた。

 

 

 

長崎の地図。

 

刀や火縄銃も展示してあった。

 

 

 

 

船の模型が無数に置いてあったが、すべてを見て回ることはできなかった。

 

 

展示内容は、近代や現代まで及ぶ。

 

 

やはり、実物の船が置いてあるエリアが最も見応えがあった。

 

 

航海用の船ではなく、王や貴族たちが乗る娯楽用?の船が多かった。

 

 

 

 

漁業用?の帆船もあった。

 

 

なぜか、飛行機の展示もあった。

木造の飛行機、初めて見た。

 

 

船のエンジン?

 

 

もう少し船に詳しければ、もっと楽しめたかもしれない。

でも、昔の地図を眺めたり、ポルトガルの世界進出の過程を学ぶことができて、とても面白かった。

 

(撮影日:2023年1月21日)

© 2023 ゆるーく世界放浪! Powered by AFFINGER5