ゲーム

「ブレイブリーデフォルト2」のネタバレありプレイ感想【Switch】

2021年9月3日

ブレイブリーデフォルト2

ついに「ブレイブリーデフォルト2」をクリア!

2021年2月の発売当初にソフトを購入していたのだが、途中で挫折。再度挑戦して、ようやく真エンディングまでたどり着くことができた。

このゲーム、色々と物申したいことがあるので、ネタバレありのプレイ感想を正直に綴っていきたい。

 

「ブレイブリーデフォルト2」のプレイ感想(ネタバレあり)

さっそく、ネタバレありの正直なプレイ感想を語っていく。

この先、ネタバレを気にする方はご注意を。

「ブレイブリーデフォルト2」というゲームの概要や、ネタバレなしのレビューを見たい方は、下記の記事からどうぞ。

 

 

ちなみに、私は前作をプレイしておらず、ブレイブリーシリーズは初のプレイとなる。

クリアまでにかかったプレイ時間は約60時間。難易度はハードでクリア。

真エンディングと隠しエンディングを見ており、サブクエや試練の回廊もそこそこやり込んだ。

前に途中までプレイしていたこともあって、今回はわりとスムーズにプレイできたが、すべて初見だと60時間では済まなかったのではないかと思う。

 

試行錯誤を楽しむ戦闘がとにかく面白かった!

ブレイブリーデフォルト2

「ブレイブリーデフォルト2」で最も評価すべきは、戦闘だと思う。特に、ボス戦

本当、戦闘の難易度が高かった。何度、心が折れそうになったことか……。

このゲーム、どのボスも本気で戦いを挑んでくる。とにかく容赦がない。

1章序盤にもかかわらず、オルフェがバフ・デバフを使ってきたのには苦笑したなぁ。「まじか、まだ序盤だよね?」と目を疑ったよ。

他のボスも、カウンターやジャマーを使いこなす奴が多過ぎる!

初見で全滅させられるのは当たり前。ゲームオーバー画面に絶望しつつ、次はどのジョブやアビリティを組み合わせて戦おうかと試行錯誤する日々……。

でもクリアして、ようやく気がついた。私は、その試行錯誤を楽しんでいたのだということに。

 

ブレイブリーデフォルト2

とにかく敵が絶望的に強いから、負ける時は一瞬で負けるのよ。

でも、今まで取得してきたジョブやアビリティの中に、攻略のヒントが必ず隠されている。だから、ジョブの特性や技効果などを読み込んでいるうちに、はっと気づく瞬間がある。

「このジョブなら、いけるかもしれない!」と。

敵が強いからこそ、自分で考えた戦略が上手くいってハマった時は快感!めちゃくちゃスカッとした気分になれる。

このゲームの醍醐味は、次々と現れるクソ強いボスを思考錯誤しながら倒すところにあるのだと私は思うよ。

 

ブレイブリーデフォルト2

しかも驚くことに、ジョブの種類も豊富。まさか20種類以上もの多種多様なジョブが用意されているとは思わなかった!

どのジョブも面白い特性や技がある。鬼強いジョブには欠点もあり、性能も一長一短だったりする。

そのバランスが、とても絶妙だった。

これほど尖った性能のあるジョブが20種類以上も用意され、それを4人のキャラにメインとサブで2つずつ割り当てることができる。

にもかかわらず、戦闘バランスが崩壊することは基本的にない。

これ、ゲーム開発陣はかなり丁寧にゲームバランスを調整して作り込んだんだろうなぁ……という血の滲むような努力を感じられる戦闘システムだった。

 

ブレイブリーデフォルト2

ただし、7章のヤミノヒトミは、もう少し強くしても良かったんじゃない?

試練の回廊をこなしているうちに、味方が強くなりすぎちゃうよね。

真のラスボスなのに、楽々倒せてしまったのは拍子抜け。今までのボスが強かった分、めちゃくちゃ身構えて行ったのに……

せっかくRevoさんが気合を入れてラスボス曲を用意していたのに、1ループもせずに終わってしまったよ。

まぁ、ラスボスが雑魚なのは、このゲームに限った話ではないから許すけど。

 

ブレイブリーデフォルト2

戦闘システムについて、あえて要望するとしたら、味方と敵の行動順を表示してほしかった。

ほら、「オクトパストラベラー」には、画面上に行動順が表示されるじゃない? そんな感じの表示が欲しかったなぁ。

ヘイストやスロウをかけたり、行動順が早くなる技を打っても、イマイチその効果が分かりづらかったのよね。

せっかくブレイブ&デフォルトのシステムがあるのだから、視覚的に行動順を見ることができれば、より戦略的な戦闘を楽しめたのかなぁと思ったり。

 

でも、戦闘について物申したいのは、そのくらい。レベル上げも連鎖のおかげで楽チンだったし、全体技も豊富だったから雑魚戦もあまり苦じゃなかった。

とにかく、「ブレイブリーデフォルト2」の戦闘、楽しかったよ!

この試行錯誤の戦闘を楽しむことができただけでも、お金を払った価値があると思えた。

 

非常にもったいないストーリー構成

ブレイブリーデフォルト2

このゲーム、ストーリーについて評価するのはとても難しい。どう評価すれば良いか、非常に悩む。

というのも、私は一度、発売すぐにプレイして途中で挫折している。その原因は、淡々としたストーリーに飽きてしまったからだ。

【町を訪問→町の異変を調査→ダンジョン攻略→ボス戦】

3章までは、この短調な流れの繰り返しが続く。しかも、各章のボリュームが多く、章のクリアまでに各5時間ほどかかるのではないだろうか。

この各地での物語を進めるのが退屈で、少し苦痛を覚えてしまった。私はここで一度、このゲームを投げ出している。

 

ブレイブリーデフォルト2

飽きてしまった理由を自分なりに色々と考えてみたのだけれど、ボスが多いせいか、敵側の動機がよくわからなかったのが要因のひとつかも。

フォリィとか、めちゃめちゃ良いキャラしてそうな雰囲気出してたのに、ようやく登場したかと思えば、ボス戦後にあっけなく退場。

愛着がわいて感情移入する前に、あっさり退場してしまうキャラが多かった。どこか、キャラを使い捨てている感が否めない。

一部キャラはサブクエでエピソードが用意されていたけど、少なすぎると思う。物語への没入感や感情移入を誘うためにも、サブキャラも含めてもう少しキャラの掘り下げがほしかった

 

ブレイブリーデフォルト2

メインキャラ4人についても、掘り下げが足りなかった気がする。

「セスとグローリア」、「エルヴィスとアデル」のカップリングエンドを用意するなら、メインストーリーでそれを匂わせる描写をすべき。

私はサブクエを回収してエンディングに向かったから良かったものの、サブクエをスルーした人が見たら、唐突すぎてぽかんとすると思う。

というか、サブクエを回収した私でさえ、「エルヴィス、お前そんなにエデルのことが好きだったのか……」と困惑した。だってエルヴィス、サブクエではアデルの好意に気づいていない鈍感男だったでしょ!? いつの間に愛を深めていたの!?

グローリアだって、いつの間にセスに惚れたん? メインストーリーの中で少しでもいいから、セスがグローリアをカッコよく救う場面がワンシーンでもあれば、納得がいったのに。

それぞれのカップリングで、仲が深まっていく描写をもっと見たかったなぁ。それがあれば、各エンディングでもっと心が揺さぶられたと思う。

 

ブレイブリーデフォルト2

バッドエンディング2連チャン、からの真エンディングの構成は、なかなか良かったよまさかエンディングを3回(隠しを入れれば4回か)も見ることになるとは思わなかったので、正直驚かされた。

というか、アデルが妖精だったことにも驚いたし、セーブ画面を使って7章に入るギミックも感心したし、探索屋のおばちゃんが妖精王だったと明かされた時には「まじか」と声を上げた。

物語の後半〜終盤の展開は、なかなか凝ってたよね。前半のストーリーが地味で淡々と進むのも、すべては終盤の展開のための伏線だった。そう思えば、前半は多少苦痛だったけど、最後まで投げ出さずにプレイして良かったと思える。

 

ただ、終盤でプレイヤーが驚くような展開を用意しているからこそ、序盤から物語の面白さが欲しかったなぁと。このゲーム、ただでさえボスが強くて詰みやすいので、序盤から「面白いぞ!」と思えるようなネタを仕込んでおかないと、プレイヤーが最後までついていけないような気がする。

他のプレイヤーの方々がどう感じたのかは分からないけれど、私は非常にもったいないストーリー構成だなと思ってしまった。

 

キャラデザは、これで良かったのだと思う

ブレイブリーデフォルト2

小さな人形のような可愛らしいデザインのキャラクターたち。

最後までプレイしてみて、このゲームはこのキャラデザで良かったのだと思った。

というのも、このゲームはストーリー中に無慈悲なシーンが登場したりする。これ、FFのような美しいCGだったとしたら、かなり胸糞悪い絵面になっていたのでは?

フォリィの赤い絵具が実は人の血だったと明らかになる場面とか、ライムダールで信仰のために人を谷底に突き落とすシーンとか、かなり挑戦的な内容だよね。

だからこそ、あまり詳細に描写せず、プレイヤーの想像に委ねる。可愛らしいマスコットのようなキャラデザで物語を語る手法は、これはこれで良かったのかもしれない。

このキャラデザだからこそ、狂気的なキャラクターや残酷なシーンを違和感なく見ることができたのだと思う。

そして細かいけれど、ジョブチェンジでキャラクターの衣装が変わるのも、とても良かった。どれも可愛らしいデザインばかりで、終盤まで飽きずにジョブチェンジを楽しむことができた。

 

フィールドに目新しさはない

ブレイブリーデフォルト2

フィールドを探索していて、驚かされる場面は特段なかった。悪く言えば、平凡だったのかもしれない。

特に町のマップ。「ブレイブリーデフォルト2」の町は、絵本の一枚絵のような視点固定のマップとなっている。

絵柄は可愛らしいのだけれど、視点を動かせないせいで、町を探索しているワクワク感は感じられなかった。

RPGの楽しみのひとつって、新しい町にたどり着いた時の探索だと思うのよ。その点で面白さを味わえなかったのは残念。

それに、大陸のマップも少し狭いなぁと思ってしまった。4章で再び各地を巡ることになるので、飽きがこないように何かしらの変化が欲しかった。

サヴァロンの水位が下がって、町の下のほうに行けるようになるとか。そんなカラクリがあるかなぁ……と期待していたのだけれど、何もなかったのは拍子抜け。

 

Revoさんの音楽が最高!

ブレイブリーデフォルト2

「ブレイブリーデフォルト2」を手に取った理由……それは、Revoさんが作曲を担当しているからだ。

私はサンホラ・リンホラをよく聞くし、Revoさんの作曲する歌や曲も大好き。Revoさんが作曲を務めるゲーム、という部分に興味を惹かれて購入した。

結果、もう大満足!

Revoさんらしい曲がゲーム内の随所に散りばめられていて、とても良かった。

特に7章のラスボス戦。最後の戦いで、今までのフィールド曲や戦闘曲のフレーズが次々と流れてくる演出は激アツ。

そして真エンデイング後半でも、4人の必殺技BGMが登場して、いかにもな壮大な曲調で終わりを告げる。「貝殻」「茶葉」「革靴」の歌詞が出てきた時は、普通に感動した。

Revoさんの音楽を聴けただけでも、ソフトを買う価値あったなぁ。畳みかけてくるような怒涛の音楽、大好き!

サントラも聞き応えがあるので、おすすめ。

 

 

 操作性やシステム面は改善してほしい

ブレイブリーデフォルト2

このゲームの最大の難点は、操作の快適性やシステム面ではないかと思う。

まず操作性についてだが、「このゲーム、大丈夫か?」と心配になるような場面が多かった。

なんだろう、全体的にイマイチ反応が悪いというか、処理が遅いというか。

パーティチャットを開く時の+ボタン、あれ何であんなに反応が悪いんだろう。私のSwitchが壊れたのかと思ったけど、調べてみたら他の機体でも反応が悪いみたい。

町の人に話しかけても、画面が少しの間フリーズする瞬間があったり。メニューを開く時も、一瞬止まったり。

戦闘も、速度を上げる機能がついているのは嬉しいのだけれど、MAXまで上げると処理落ちが気になる。

あと、町やフィールドを移動する時のロードも少し長く感じてしまったかな。

ゲーム自体が止まったり、フリーズして進まなくなるというようなことはなかったけれど、心配になってしまうような場面があまりにも多かった。申し訳ないが、操作性が快適とはお世辞にも言えないレベル。

 

ブレイブリーデフォルト2

それから、システムや機能面。

まず、ジョブ・アビリティ・装備の付け替えが面倒だった。何パターンか保存しておくスロット機能がついていても良かったと思う。少なくとも、雑魚戦とボス用の2パターンは記憶できるようにしてほしかった。

このゲーム、ボス戦が頻繁にあるので、その度にメニュー画面を開いて付け替えなければならないのは結構な手間。

ジョブ変更や戦略を楽しむのが醍醐味のゲームなので、この付け替えの部分で煩わしさを感じさせてしまう仕様は致命的なのではないか……?

 

他にも、町の移動は馬車のみ。しかも馬車を下ろされる場所が町の外だから、町中に入るにも一旦ロードを挟むことになる。

本当にちょっとしたことなのだけれど、ストレスを感じてしまう場面が多かったかな。

戦闘システムが本当によくできていた分、些細なことでゲームを続ける意欲が削がれてしまいそうになるシステムや機能面はもったいないと思ってしまった。

 

結論:戦闘が面白かった分、粗が目立つゲーム

ブレイブリーデフォルト2

個人的な総評をまとめると、こんな感じ。

 

戦闘・バトル:

ストーリー・キャラクター:△

フィールド:△

音楽:◎

システム・操作性:×

 

率直な感想は、戦闘が突き抜けて面白かったのに、他の要素で減点が多いもったいないゲーム。

でも、歯応えのあるボスに「うーん、うーん」と唸りながら挑み、試行錯誤の末に勝った達成感は他のゲームではなかなか味わうことができないと思う。

非常に面白い体験をさせてくれた「ブレイブリーデフォルト2」というゲームに感謝。

 

あとひとつだけ要望を言うならば、Revoさん、ブレイブリーデフォルト2のライブ待ってます!

 

 

-ゲーム
-,

© 2021 ほのたび! Powered by AFFINGER5